FrontPage

(注)本ページは管理人のメモ書きです。内容の保証はしません。

Ajaxとは

読み方はエイジャックス。Asynchronous JavaScript + XML(非同期なJavaScriptとXML)の略語。現在は、技術そのものではなく、JavaScript+CSS+DOM+XML+XMLHttpRequest+サーバーサイド(PHP、Perl、Java、DB、、、)といった、Web関連技術の組み合わせを含む。

採用例

GoogleMap GMail amazonA9.com

これは新しい技術か?

JavaScriptのHttpRequestを利用した動的データ読み込みは、2000年頃からリモートスクリプティングとして既に存在していた。
但し、当初はXMLHttpRequestといったHTTPクライアント的なオブジェクトを実装していたブラウザはIE、Mozilaぐらいだった。

2005/2/18にJesse James Garrettが書いたコラム「Ajax: A New Approach to Web Applications」により、「Ajax」という単語が初めて登場し、またたくまに世界に広がった。

以後、Safari(Macの標準ブラウザ)や、Opera、konqueror(Linux用ブラウザ)もXMLHttpRequestオブジェクトをサポートするようになった。但し、実装は各ブラウザ毎に異なっており、プログラミングする際にクロスブラウザ対応させることが必要。

メリット

サーバ側でHTML化する必要が無く、データをそのまま送信すればよいため、負荷が軽くなる。通常はクライアント側でJavaScriptによりブロック要素(div)の内部を更新する。

ページ全体を更新せずに一部のみ動的に内容を更新できる。そのため随時検索など動的な結果を求められるものに対し適している。
またページ全体を更新するのに比べレスポンスがよくなる。

デメリット

クライアントからサーバへの問い合わせ回数が増加しやすく、トラフィックの増加や負荷の増加に繋がる。

ページ遷移がなくなるため、パーマネントリンクが不可能となり、操作の混乱を招く可能性がある。
またページ単位でのアクセス解析が出来なくなる。

参考リンク

HTML_AJAX

PEARに登録されたAjaxライブラリ

Hello World

http://blog.joshuaeichorn.com/archives/2005/08/17/ajax-hello-world-with-html_ajax/


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-03-23 (水) 20:19:42 (2400d)