玄箱のVine化/各種ソフトのインストール

PHP4

http://www.php.net/

インストール

tar -zxvf php-4.2.2.tar.gz
cd php-4.2.2/

予めapt-getでflexが必要です(先にインストール済)

./configure \
--with-apxs=/usr/sbin/apxs \
(apacheをソースからインストールした場合は --with-apxs=/usr/local/apache/bin/apxs \)
--with-mysql=/usr
 (mysqlをソースからインストールした場合は --with-mysql=/usr/local/mysql \)
--enable-mbstring \
--enable-mbstr-enc-trans \
--with-imap=/usr/local \
--with-imap-ssl=/usr
make
make install
cp php.ini-dist /usr/local/lib/php.ini

環境設定ファイル:/usr/local/lib/php.ini

PHPLib

認証のページを作る場合今回は必須です。

phplib用フォルダを作成

mkdir /mnt/www/phplib

PHPLIBをダウンロード、ここではphplib-7.4.tar.gzとします。
適当なフォルダで解凍

tar zxvf phplib-7.4.tar.gz

解凍したフォルダ内にあるphpフォルダの中のファイルがphplib本体です。
この中身を先ほどの/mnt/www/phplibにコピー。
php環境設定ファイルを開いて

vi /etc/php.ini
auto_prepend_file = prepend.php
include_path = ".:/mnt/www/phplib/php/"
sendmail_path = /usr/lib/sendmail -t -i

と書き換えて保存

後は/mnt/www/phplib/php/local.incを編集して使えるようにします。(参考書みてね!!)

参考 一括でSQLを入力方法

MYSQLのtestデータベースに、PHPLIBテスト用のデータを入力します。
xxx.mysqlというファイルを作成実行するSQLをあらかじめ記述しておく。

mysql -u mysql test < xxx.mysql

で、一括して操作可能。
もしくは、後でインストールするWebminからも作成出来ます。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-03-23 (水) 20:20:00